中国語スキルはますます有利に働く

今日は、二大資格のうちの一つであるHSKについてです。

将来中国語のスキルをビジネスの場で生かしたいと思っているなら、HSKと呼ばれる試験を受験することをおすすめします。HSKは中国政府が公認している国際的な試験であり、受験者の中国語スキルの証明にもなります。

HSKとは漢語水平考試の略称で、日本の文部科学省に相当する中国政府教育部公認の検定試験です。試験内容はリスニング、読解、記述の三分野から構成される試験で各分野ごとのスコアによって判断されます。筆記試験とは別に口頭試験も実施されており、スピーキングスキルの証明になります。試験問題の作成は中国で行われており、試験対策をすることで生きた中国語を身につけることができるでしょう。

国内で行われる外国語の試験は、筆記やリスニングに重きを置いたものが多いですが、HSKの試験はスピーキング力を重視する傾向があるので、スキルを総合的に磨いておく必要があります。試験で得られた成績は進路や就職に大きく影響します。中国の大学に入学する際にHSKのレベルが選考に影響することがありますし、就職の際に試験の成績を問われることがあります。そのため早いうちからHSK対策をしておくことは、スキルアップと進路の安定化につながります。

また、HSKは中国語のスキルを証明する公的資格で、日本と中国だけではなく、世界的に評価されるものです。中国の大学への留学ではもちろんのこと、世界を舞台に活躍するビジネスパーソンにも強い武器になる資格と言えるでしょう。

イーチャイナアカデミー開講の対策講座(HSK・中国語検定)の受講生合格実績、累計400名を突破!!(2016年4月現在)

合格への近道は、苦手な分野を徹底的に克服することです!たくさんの過去の問題集、模擬テストを行い、短期での合格が目指しましょう。多くの受講生を合格に導いたベテラン講師が試験のポイントをしっかり指導しますので、資格獲得をより確実なものにします。