中国赴任前コラムー中国人の就職観

このコラムは、中国へ赴任される方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

今の企業はいい人材を確保するために、いろいろアピールをしています。「不加班(bù jiā bān)」(残業がない)、「双薪(shuāng xīn)」(年末ボーナス)、「包吃(bāo chī)」(食費負担)、「包住(bāo zhù)」(寮費負担)……「应届毕业生(yīng jiè bì yè shēng)」(新卒生)は仕事をさがす時に、給料以外にも考えるべき要素が増えてきています。

招聘zhāo pìn

「招聘zhāo pìn」は人材募集ということです。形式としては、日本にもあるようなチラシ・ラジオ・テレビ・新聞・雑誌・インターネットなどです。また、「校园招聘会(xiào yuán zhāo pìn huì)」といった日本の「学内企業セミナー」にあたるものがあります。「校园招聘会」は新卒をとるため、業務経験がない新卒生が将来入社した時に必要となる人材育成の費用が高くなります。しかし、新卒生は若くて、学習能力も高いため、適応性がいいです。近年、「校园招聘会」がますます企業に、学生に重視されています。また、「校园招聘会」は学生たちにとっも、学内のため、交通費がかからなく、時間の節約もできて、いい就職活動の手段です。

跳槽tiào cáo

「跳槽(tiào cáo)」は転職ということです。理由はいろいろあります。自ら創業するため、新しい業界に挑戦するため、高い給料を手に入れるため、人間関係がよくないため、などなど。「跳槽」という社会現象は中国の若者の間に広く存在しています。今の仕事が次の踏み台とし、経験を稼ぐと考えている人が少なくありません。そのため、日本と違って、企業側も若者の転職が日常茶飯事と認識しています。しかし、「重視されていない」「上司と話が通じない」など仕事上の不満が理由とする「跳槽」はやめたほうがいいです。自分から努力して変えてみないと、次の会社に行っても、同じことになる可能性があります。

 

お勧めレッスン: 中国赴任前の短期レッスン