2014年年末発表会中作文—

<<2014年年末発表会--中上級の部 努力賞作文>>

《当我老了》读后感

作者: 渡边 淳

我看了这篇文章,我就想起来了我妈妈的背比之前小了。
我小时候,我觉得母亲的背很大。
有时候走在路上,抬头看着妈妈的背影,
有时候妈妈的背着我,我可以感到妈妈的背部传来的温暖。

我长大以后,就离开家一个人生活。
我觉得终于从父母的监视下解放出来了,很高兴。
过了几年想吃妈妈做的菜回老家,
一看见妈妈,就觉得妈妈的背比之前小了。

虽然我不明白为什么觉得妈妈的背小了,
但是确实已经没有那个又大又温暖的妈妈的背了。
那时,我觉得这回应该轮到我搀扶妈妈了。

虽然我有点担心我能不能照顾父母
但是,无论如何,我都会尽我的能力孝顺父母的。

 

日本語版

《当我老了》感想文

作者: 渡边 淳

 この文を読んで、以前より小さくなった母の背中を思い出した。

僕が小さいとき、母の背中は大きく感じた。

時には母の後ろを、その背中を見上げて歩き、

時には母におんぶされ、その背中の温もりを感じた。

僕は大人になり、家を出た。

親の監視から解放されて嬉しかった。

数年が経ち、母の手料理が食べたくなり実家に帰ったが、

久しぶりに見た母の背中は、以前より小さくなったように感じた。

なぜ母の背中が小さくなったと感じたのかは分からないが、

以前のような大きく暖かい母の背中は、もうそこにはなかった。

そのとき、次は自分が母を助ける番だと思った。

両親の世話ができるかどうか不安だけど、

その形はどうあれ、頑張って親孝行したい。