2017年忘年会の報告

2017年ももうすぐ終わりですね。皆様のおかげで、今年も有意義な1年を過すことができましたこと、講師一同、心より感謝いたします。

さて、師走を迎えた12月9日(土)、イーチャイナアカデミー名古屋校は毎年恒例の忘年会を開催いたしました。ご多忙の中30名近くの方々にご参加いただき、楽しいひと時を過ごすことができました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

今年の忘年会は栄近辺にある中華料理店「茗菜縁」にて行われました。中国人経営のレストランなので、本場の中華料理を味わうことができました。皆さん「辛い辛い!」と悲鳴をあげながらも、おいしく召し上がっていらっしゃいました。とりわけ、「ピータン豆腐」「春雨と豚肉の煮込み」など、あまり見かけない料理が特に好評でした。

今年も講師一同が中国の清・漢時代の民族衣装を着て忘年会の司会を務めました。まず講師たちが自己紹介をしてお祝いの言葉を述べ、李社長から次のような挨拶がありました。

おかげ様で今年、イーチャイナアカデミーが良い業績を収めることができたこと、また、国内唯一の総合フォーラム『eラーニング アワード 2017フォーラム』にて、イーチャイナアカデミーが開発した「スマチュ」が、語学教育特別部門賞を受賞できたこと、最後に李社長は「イーチャイナを愛し応援してくださる皆さまのために引き続き努力し、更なる素晴らしいサービスを提供したいと思います」と挨拶を締めくくり、その後皆さんと乾杯いたしました。

その後、「ジャスチャーゲーム」というゲームで盛り上がりました。まず4グループにわかれて、各グループごとにジェスチャー担当を選びます。ジェスチャー担当は事前に用意した単語のカードを見て、口を開かずに身振り手振りでその言葉を伝え、他のグループのメンバーがそれを当てる、というゲームです。単語は「香蕉」「椅子」「洗澡」「化妆」のようなジャスチャーがしやすいもの、そして「名古屋城」「初恋」「失恋」「地下鉄」のようにジェスチャーが難しい言葉も・・・。皆さん汗をかきながら、上手に表現されていらっしゃいました。ゲームには賞品も用意されていましたが、中でも中国の宝である京劇の顔の隈どり人形が好評を博していました。

ゲームのほかにも、生徒さんによる空手道のプログラムで、忘年会は一層盛り上がりました。「2018年を皆さんが無事に過ごせるよう」との願いを込めて、板を手や足で割ってくれました。

皆、緊張した面持ちで見守っていましたが、板が割れた瞬間、叫び声とともに拍手喝采となりました。

2時間にわたる忘年会は楽しく、本当にあっという間でした。最後は校長の盧による言葉で締めくくられました。皆さんにわかりやすいように、なるべくやさしい中国語でゆっくりと話しました。

これからもイーチャイナは引き続き、皆様一人ひとりを大切に、優良なサービスを提供していきたいと思っています。皆様、どうぞ2018年もよろしくお願いいたします。

 

来るべき2018年が、皆様にとって素晴らしい1年となり、皆様の中国語がますます上達いたしますように!