Category Archives: 中国赴任前

中国赴任前コラムー中国人の就職観

このコラムは、中国へ赴任される方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

今の企業はいい人材を確保するために、いろいろアピールをしています。「不加班(bù jiā bān)」(残業がない)、「双薪(shuāng xīn)」(年末ボーナス)、「包吃(bāo chī)」(食費負担)、「包住(bāo zhù)」(寮費負担)……「应届毕业生(yīng jiè bì yè shēng)」(新卒生)は仕事をさがす時に、給料以外にも考えるべき要素が増えてきています。

招聘zhāo pìn

「招聘zhāo pìn」は人材募集ということです。形式としては、日本にもあるようなチラシ・ラジオ・テレビ・新聞・雑誌・インターネットなどです。また、「校园招聘会(xiào yuán zhāo pìn huì)」といった日本の「学内企業セミナー」にあたるものがあります。「校园招聘会」は新卒をとるため、業務経験がない新卒生が将来入社した時に必要となる人材育成の費用が高くなります。しかし、新卒生は若くて、学習能力も高いため、適応性がいいです。近年、「校园招聘会」がますます企業に、学生に重視されています。また、「校园招聘会」は学生たちにとっも、学内のため、交通費がかからなく、時間の節約もできて、いい就職活動の手段です。

跳槽tiào cáo

「跳槽(tiào cáo)」は転職ということです。理由はいろいろあります。自ら創業するため、新しい業界に挑戦するため、高い給料を手に入れるため、人間関係がよくないため、などなど。「跳槽」という社会現象は中国の若者の間に広く存在しています。今の仕事が次の踏み台とし、経験を稼ぐと考えている人が少なくありません。そのため、日本と違って、企業側も若者の転職が日常茶飯事と認識しています。しかし、「重視されていない」「上司と話が通じない」など仕事上の不満が理由とする「跳槽」はやめたほうがいいです。自分から努力して変えてみないと、次の会社に行っても、同じことになる可能性があります。

 

お勧めレッスン: 中国赴任前の短期レッスン

 

中国赴任前コラムー中国人の結婚観

このコラムは、中国へ赴任される方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

中国人の結婚式に参加したことがありますか。中国に赴任されてから、部下の結婚式に誘われたら行きますか。この際、ぜひ中国人が結婚への思いを理解した上、親睦を深めてください。

租男友/女友 zū nán yǒu /nǚ yǒu

“租男友/女友(zū nán yǒu /nǚ yǒu)”(彼氏・彼女レンタル)という言葉を聞いたことありますか?特に中国の春節の時、このサービスが人気だそうです。“七大姑八大姨(qī dà gū bā dà yí)”(家の親戚たち、特に目上の女性の親戚のこと)から「付き合う相手がいるかな?」「そろそろ結婚する年齢じゃないの?」「彼女を家に連れてきて紹介してよ」などが言われ、ストレスを感じる“适婚男女(shì hūn nán nǚ)”(結婚に適している年齢の男性女性のこと)が少なくありません。両親・親戚を安心させ、自分もいい春節を過ごせるように、レンタル彼氏・彼女の需要が生じました。

婚礼的费用 hūn lǐ de fèi yòng

五十年代の時収入が普遍的に低く、結婚する際、新郎新婦は双方の親戚を招いて、ご飯をおごるだけでした。費用は60元から100元前後だったそうです。 八十年代は、“三大件(sān dà jiàn)”(結婚する時の必要な三つの物)として、腕時計、ミシンと自転車が必須でして、2000元程度です。21世紀に入ってから、“三大件(sān dà jiàn)”は家、車と礼金に変わりました。婚宴も高くなり、また、“迎亲车队(yíng qīn chē duì)”(新婦を実家から新郎の家まで迎える車の列)の流行りがさらに結婚の負担を大きくしています。それに対して、「裸婚luǒ hūn」(結婚式挙げずに結婚をすること)を選ぶ若者も増えています。

不孝有三,无后为大 bú xiào yǒu sān wú hòu wéi dà

「不孝有三,无后为大(bú xiào yǒu sān wú hòu wéi dà)」は孟子の言葉です。意味は親不孝の中でも、子孫を残さないのは一番の不孝です。これは封建礼教の言い方で、今は不適用ですが、時代劇の中ではよく使われています。昔は、妻が子供を産めない場合、“纳妾(nà qiè)”(妾を持つこと)が許され、“休妻(xiū qī)”(妻との婚姻関係を解除する)も許されました。今も妻が子供を産めないことを理由にして離婚する人がいます。また、結婚する前に子供を産める身体状況であるかどうかを検査するカップルもいます。しかし、中国人の若者たちの考え方が変わりつつ、自ら子供を産まない道を選ぶ家庭(“丁克家庭” dīng kè jiā tíng)もあります。

お勧めレッスン: 中国赴任前の短期レッスン

 

中国赴任前コラム-結婚と恋愛

このコラムは、中国へ赴任される方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

伝統的な中国的な結婚は、儒教の家族観そのものでして、父母の意思に基づき、仲人の取り持ちにより実現しました。そのため、不自由でしたが、極めて離婚率が低く安定していました。20世紀20年代末から、中国人の結婚に対する観念が変わりつつ、自由恋愛からの結婚が一気に増えていきました。しかし、その結果の一つとして、離婚率も上がりました。また、中国の恋愛観念はどうでしょうか?中国人が結婚式を挙げる時、費用はいくらかかりますか?今回は、中国の恋愛と結婚事情について、見てみましょう。

 

父母之命,媒妁之言fù mǔ zhī mìng,méi shuò zhī yán

父母之命,媒妁之言(fù mǔ zhī mìng,méi shuò zhī yán)とは、男女の恋愛・結婚は父母の命令と仲人の取り持ちに基づくということです。なぜなら、昔の女性は外出する機会が少なかったです。お金持ちのお嬢様は毎日部屋で琴棋書画を学んで、貧しい若い女性も家の農作を手伝っていました。それに、「门当户对mén dāng hù duì」(家柄が釣り合っている)という考え方が根付いているため、親は子供の結婚相手を決める時に経済状況や社会的な地位をとても重視していました。また、男女双方が生まれた年・月・日・時などを表す「生辰八字(shēng chén bā zì)」を見るのも必須条件でした。今の血液型とか星座とかの相性を見ることに相当します。「父母之命」という考え方が今にも影響していて、男女の結婚が両親に認められなかった場合別れる人もいます。

 

婚姻自主hūn yīn zì zhǔ

父母之命,媒妁之言(fù mǔ zhī mìng,méi shuò zhī yán)は先秦時代にもう形成している制度ですが、20世紀20年代末の『民法』により初めて変更され、だんだん男女自主へ変わります。 また、50年代以来婚姻の自主化も進めています。男女双方が自由に結婚と離婚ができるようになりました。その反面、離婚率が高めるのもありました。60・70年代からの30年近くの間、人々は結婚する際、人柄・性格・向上心の有無などを追及していました。近年では、結婚にあたって、家と車など物質的な条件を追及する人が多く、豪華な結婚式が憧れで、経済的な負担が大きくなっています。

お勧めレッスン: 中国赴任前の短期レッスン

中国赴任前コラム-春節の過ごし方

このコラムは、中国へ赴任される方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

紅白を見ながら大みそかを過ごす習慣はありますか、中国の紅白と言えば、春晩といった春節聯歓晩会という大みそかしかない番組があります。伝統的な考え方として、春節は旧暦の12月30日~新年の1月15日までの16日間が、帰省し大家族で過ごすことが当たり前としていますが。現代社会では2週間以上仕事をあけることが不可能に近いので、12月30日の大みそかからの1週間が休日になるのが慣例となりつつあります。

 

春晩 chūn wǎn

春晩(chūn wǎn)は日本の紅白歌合戦のような大晦日の特別番組です。歌とダンス以外に、劇、雑技、小品(xiǎo pǐn コント)、相声(xiàng shēng 漫才)など、たくさんの出し物があります。春晩は1983年から、もう35年になりました。除夕夜(chú xī yè)に家族でテレビの前に囲んで、話しながら観るのが風習です。春晩のコントに、その年の流行り言葉を使って、演じるのが特徴の一つです。また、コントに使われた印象的な言葉が新しい流行り言葉になる場合もあります。

 

拜年 bài nián

「拜年(bài nián)」は新年の挨拶をすることです。昔は家の長者に向かって、地面にひたいをつけて拝み、「给您拜年啦gěi nín bài nián la」って言います。今は体を少し前へ傾いて礼をするぐらいです。長者に健康と新年の幸運を祈る気持ちは変わりません。また、両親、親戚、兄弟などにも拜年をします。その際、長者、両親、年上の親戚からお年玉(红包hóng bāo)がもらえます。よく言うセリフは「给您拜年啦」(貴男/貴女に新年の挨拶をします)以外に、「新年好xīn nián hǎo」(よいお年を)「恭喜发财gōng xǐ fā cái」(財運が益々よくなりますように)などもあります。最近では、電話とメールで新年の挨拶をする人が増えています。

元宵节 yuán xiāo jié

元宵节(yuán xiāo jié)は旧暦の一月十五日です。「宵」とは、古代の人がお正月に対する呼び名です。この日は新年の最初の満月の日で、春節の終わりを告ぐ節日です。元宵节は中国伝統的な節日ですが、法定の祝日と休日(中国法定节假日zhōng guó fǎ dìng jié jià rì)になっていません。その日に白玉団子を食べる風習があります。それに、「元宵」は白玉も指します。元宵节に提灯を飾って、鑑賞する風習もあります。また、獅子舞を踊る人たちもいて、家に踊りに来たら、感謝と新年の挨拶として、小金を渡します。

お勧めレッスン: 中国赴任前の短期レッスン

中国赴任前コラム-春節の基本

このコラムは、中国へ赴任される方にお勧めの情報・ノウハウを提供しています。

春節と言ったら、人口大移動?なぜ中国人一斉に大移動を始めるか、数千万人人口の北京、上海も例外ではないのはなぜでしょうか。まず、春節の基本の基本を押さえましょう。

春节 chūn jié

中国の春节(chūn jié)は日本のお正月にあたります。期間は旧暦の一月(正月zhēng yuè)一日です。西暦では、一月中旬から二月の中旬の間に変化しています。しかし、民間では、正月一日だけではなく、腊月(là yuè)の下旬から正月の中旬までが春節で、「过年」って言う人が多いです。中国法定の祝日と休日(中国法定节假日zhōng guó fǎ dìng jié jià rì)では、旧暦の一日、二日、三日が春节の休みになっています。

除夕 chú xī

除夕(chú xī)は日本の大晦日のような祝日です。また、「除夕夜chú xī yè」でも言います。旧暦の十二月(腊月là yuè)三十日に家族みんなが一緒にご飯を食べて、年を越す日です。中国では、「吃团年饭chī tuán nián fàn」あるいは、「吃年夜饭chī nián yè fàn」って言います。故郷から離れている場所にいる人々もこの日は必ず帰るようにしています。この日は夜十二時に爆竹を鳴らし、花火を打ち上げる(放烟花爆竹fàng yān huā bào zhú)風習もありますが、環境汚染と騒音問題などのため、禁止される地域が多いです。

年夜饭 nián yè fàn

年夜饭(nián yè fàn)は除夕夜(chú xī yè)に家族みんなが一緒に食べるご飯のことです。「团圆饭tuán yuán fàn」という言い方もあります。定番料理としては、魚料理が必ずあります。なぜなら、「鱼」と「余」は同じ発音「yú」で、「年年有余nián nián yǒu yú」(毎年余裕があるように)という願いが含まれています。多種多様なおいしい料理をいただくだけではなく、家族みんな集まっている幸せな雰囲気を味わうことにもなります。そのため、どんなに忙しくても、とんなに遠くても、除夕の日は帰って、家族と年夜饭を食べるのが中国人の風習です。習慣としては、家で作って食べるのが通常ですが、今はレストランで食べるか、宅配を注文する人も増えました。

お勧めレッスン: 中国赴任前の短期レッスン