中国でも人気の日本ドラマ

中国でも日本のドラマが人気です。大手映画情報サイト「豆瓣」の調査によると、昨年度、中国で

1番人気の高かったドラマは黒木華主演の『凪のお暇』、2位は『坂の途中の家』、3位は中国版Twitter微博(ウェイボー)で250万人のフォロワーを持つ木村拓哉主演の『グランメゾン東京』でした。日本国内の人気とほぼリンクしていますね。

 

さて、中国でも人気の日本のドラマにどんな中国語のタイトルがついているか気になります。

次のドラマの日本語タイトルを当ててみてください!

 

  • 『逃跑可耻但有用』
  • 『空中急诊英雄』
  • 『在世界的中心呼喊爱情』

 

答え:

1.『逃げるは恥だが役に立つ』

逃跑(táopǎo)=逃走する、逃亡する

可耻(kěchǐ)=恥ずべきである、恥ずかしい

但(dàn)=しかし、だが

有用(yǒuyòng)=役に立つ

 

2.『コードブルー・ドクターヘリ緊急救命』

急诊(jí zhěn)=エマージェンシー、救急

ちなみに、主演の“山P”こと山下智久さんは、昨年度“中国で一番人気のある日本人俳優”に選ばれています。

 

3.『世界の中心で、愛をさけぶ』

呼喊(hūhǎn)=叫ぶ

 

正解できましたでしょうか?

こうしてみると、日本語のタイトルがそのまま中国語になっていることも多いようです。

日本で人気のドラマは中国でも人気。まさに“良いドラマは国境を越える”ですね!