中国語を学ぶ時に知っておくこと(8)

② 日中文法の共通点

「中国語の文法は英語と同じ」とよく言われますが、日本語と似ているところもあります。では「動詞+述語文」以外の中国語の基本文型を見てみましょう。

 

例:

  •  形容詞述語文:「主語+形容詞述語」…「我饿」/「お腹すいた」、「我累」/「疲れた」
  •  名詞述語文:「主語+名詞述語」…「今天2月3日」/「今日は2月3日」、「现在5点」/「今は5時」

 

WS000000

 

上記のような文法・形は日本語ととても良く似ていますね。基本文以外にも、時間詞や副詞の位置も日本語と似ていたりと、意外にも共通点はいくつかあるのです!

 

--------------------------------------
毎週金曜日に《弟子規》の『中国語発音、中国語簡体字、中国語繁体字、中国語解釈、日本語訳、』の5つの内容で皆さんに発信します。中国文化が好きな方、中国語の発音をきれいにしたい方は是非一緒に頑張りましょう!--------------------------------------

 

《弟子規》—出 则 弟-5
1. 中国語音声

********************************************************************************
2.  中国語(簡体字)
********************************************************************************

zūn zhǎng qián shēng yào dī dī bù wén què fēi yí
尊 长 前 声 要 低 低 不 闻 却 非 宜
jìn bì qū tuì bì chí wèn qǐ duì shì wù yí
进 必 趋 退 必 迟 问 起 对 视 勿 移
shì zhū fù rú shì fù shì zhū xiōng rú shì xiōng
事 诸 父 如 事 父 事 诸 兄 如 事 兄
********************************************************************************
3. 中国語(繁体字)
********************************************************************************
尊長前,聲要低。低不聞,卻非宜。
進必趨,退必遲。問起對,視勿移。
事諸父,如事父。事諸兄,如事兄。
********************************************************************************
4. 中国語解釈
********************************************************************************
易解:与尊长交谈,声音要柔和适中,回答的音量太小让人听不清楚,也是不恰当的。有事要到尊长面前,应快步向前,退回去时,必须稍慢一些才合乎礼节。当长辈问话时,应当专注聆听,眼睛不可以东张西望,左顾右盼。对待叔叔、伯伯等尊长,要如同对待自己的父亲一般孝顺恭敬,对待同族的兄长(堂兄姊、表兄姊),要如同对待自己的兄长一样友爱尊敬。
◆◆◆【尊长前 声要低 低不闻 却非宜】◆◆◆
【解释】 在尊长面前说话,要低声细气;声音太低而听不清楚,也不合适;
◆◆◆ 【进必趋 退必迟 问起对 视勿移】◆◆◆
【解释】 到尊长面前,应快步向前;退回去时,稍慢一些才合礼节;长辈问话时,应当注视聆听,不可以东张西望;
◆◆◆ 【事诸父 如事父 事诸兄 如事兄】◆◆◆
【解释】 对待别人的父辈,要如同对待自己的父亲一般孝顺恭敬;对待别人的兄长,如同对待自己的兄长一样友爱尊敬。
********************************************************************************
5. 日本語訳
********************************************************************************
尊长前 声要低年長者の前では、話をするときは小声ですること。
低不闻 却非宜しかし声が小さくて年長者に聞こえないのもまた適切ではない。
进必趋 退必迟年長者と会うときは速やかに前に進み出て、退出するときはゆっくりと退出すること。
问起对 视勿移年長者の質問に対しては立ち上がって答え、よそ見をしてはならない。
事诸父 如事父親戚の叔父さんと接するときは、自分の父親と同じように接する。
事诸兄 如事兄親戚の兄と接するときは、自分の兄と同じように接すること。