中国語初心者コラムー発音の入門

 日本語の母音は「あ、い、う、え、お」で5つの音ですが、中国語には6つの音があります。その中でも、【e】と【ü】の発音は日本語には無いため、ネイティブの先生の発音をしっかり聞いて、口の動きの形もよく見て、何度も何度も練習してみましょう。

発音の入門

1.単母音と子音

 中国語は単母音6個、子音は全部で21個の音からなっています。

単母音:

【a】 ・・・ 日本語の「ア」よりも口を大きく開けて、はっきり発音しましょう。

【o】 ・・・ 日本語の「オ」よりも唇を丸く突き出して、「ウォ」と発音しましょう。

【e】 ・・・ 唇を横に引き、「エ」の唇で「ゥオ」と発音しましょう。

【 i 】   ・・・ 日本語の「イ」よりも口を横にぐっと引いて、「イ」と発音しましょう。

【u】 ・・・ 唇をすぼめて「ウ」と発音しましょう。

【ü】 ・・・ 唇を丸めて「イ」と発音しましょう。日本語の「イ」と「ユ」の中間の音です。

子音:

2、声調記号のつけ方

 ■ 声調記号は母音の上に付けます。2つ母音がある場合は「 a o e i u ü 」の優先度順に付けます。

例:

① 果汁(ジュース): guǒ zhī

→ guǒのuとoはどちらも母音ですが、声調記号の規則(優先度順)によって、oの上に付けます。

② 你好(こんにちは):nǐ hǎo

→ hǎoの場合、声調記号を付けるのはaが最優先のため、aの上に付けます。

 ■ 【ui】、【iu】のように、真ん中に省略された発音がある場合は後ろの母音の上に付けます。

 ※【ui (uei)】、【iu (iou)】は三重母音です。表記の時に真ん中の音を省略します。

例:

① 回家(家に帰る):huí jiā

→ huíの場合、h  u(e)i と真ん中にeが省略されているため、その後ろのiの上に声調記号を付けます。

② 牛蛙(ウシガエル):niú wā

→ niúの場合、n  i(o)u と真ん中にoが省略されているため、その後ろのuの上に声調記号を付けます。

3.表記規則

 ■ 三重母音の【uei】、【iou】は子音と結びつく時、真ん中の【e】、【o】が省略され【ui】、【iu】と表記します。発音するときは省略された表記ではなく、三重母音で発音します。

例:   jiu → jiou / qiu → qiou 、 hui → huei / gui → guei 

(※ 左側が表記するとき / 右側は発音するときの音)

 ■ 母音【ü】のある音節を書く時には、【ü】の前に「y」を加え、 ̈  を消します。

例:  ü → yu

4.無気音と有気音

 日本語には「 か、き、く、け、こ ・ が、ぎ、ぐ、げ、ご 」のような清音と濁音の区別がありますが、中国語にはこのような区別はありません。そのかわり中国語には有気音と無気音の区別があり、息の音を出すか出さないかで意味が変わってきます。

例えば、無気音の「bo (脖)」は「首」、有気音の「po (婆)」は「お婆さん」という意味になります。

オススメのレッスン:初心者向けの中国語入門講座