今年上半期の流行語を“中国語”で振り返ってみる(※クイズあり)

今年も残すところ4か月。社会も我々の意識もライフスタイルも様々なことが変化した2020年ですが、上半期の流行語はやはり「コロナ」に関する言葉が多いようですね。

 

では2020上半期の流行語を中国語で10個ご紹介します。

日本語訳を当ててみてください!

 

  • 安倍口罩 
  • 东京警报 
  • 无现金   
  • 出轨
  • 集合啦!动物森友会
  • 社会距离
  • 加倍奉还
  • 土豆沙拉
  • 订阅服务
  • 抖音

 

全部わかりましたか?答えを見ていきましょう。

 

  • アベノマスク
  • 東京アラート
  • キャッシュレス
  • 浮気:出轨(chūguǐ)はもともと「脱線する」の意味ですが、「浮気」という意味で使われることも多いです。   
  • あつまれ!どうぶつの森
  • ソーシャルディスタンス
  • 倍返しだ!:加倍奉还(jiā bèi fèng huán)中国でも半沢直樹は評価は高く、特に演者の大袈裟な表情もウケているようです。     
  • ポテトサラダ:“ポテサラ論争”
  • サブスク 
  • TikTok:中国では抖音(douyin)と呼ばれます。これに使われる音楽はヒットします。

 

如何でしたか?何問正解できたでしょうか。

2020年下半期は、どんな流行語が誕生するでしょう?