会社で「100%通じる」フレーズから話してみよう!

「同僚が話す日本語が流暢で中国語を話すきっかけが掴めない」という話を聞いたことがあります。

「会社で中国語を話して通じなかったら嫌だなあ」とも考えてしまいます。

でも、せっかく勉強した中国語、会社でもどんどん使ってみたいですよね。

 

そんな場合、まずは発音が簡単なフレーズから始めてみましょう。

これから紹介するのは、発音が難しくなく「絶対通じる」フレーズばかりです!

 

直接ビジネスと関係はありませんが、一旦「聞き取ってもらえた」自信がつけば、どんどん中国語を話せるようになります。

 

「会社では日本語を話せばいいや」と決めている人も、せめてこれらのフレーズだけは中国語で話してみましょう。

 

 

「早上好」(zǎo shàng hǎo・おはようございます)

 

まずは出勤してスタッフと顔を合わせたら、この挨拶をしてみてください。

余裕ができたら、今後は注意して聞いてみてください。ネイティブ同志では「早!」だけで挨拶する人が多いです。

 

「辛苦了」(xīnkǔ le・お疲れ様)

仕事終わりに、帰ろうとするスタッフに、こんな風なねぎらいの言葉をかけてみましょう。

 

「我先走了」((wǒ xiān zǒu le・お先に失礼します)

もしあなたが帰る時にまだ誰かが残っていたら、このように言ってから帰りましょう。

 

 

どうでしたか?明日から是非使ってみてくださいね。

どれもシチュエーションがはっきりしているため、少々発音が間違っていても通じる言葉ばかりです。

これらを話すことに慣れたら、次は「〇〇快乐」に進みますが、それはまた次回お話します。

それに、会社で中国語を話すと、ローカルスタッフはあなたに親しみを感じてくれることでしょう。

加油(がんばって)!