勇気がもらえる!中国のカリスマ達の名言―PART1

世界に台頭する中国企業のCEO(創業者)、若きカリスマ達。彼らが発する言葉には力があります。彼らの名言をいくつかピックアップしてご紹介しましょう。

 

 

1.小米科技(シャオミ)雷軍

今年ファーウェイを抜いてスマホの中国国内シェアナンバーワンを達成したスマートフォン大手のシャオミ。創業者の雷軍は現在51歳。EV車開発にも参入すると発表して話題を呼んでいます。

 

☆雷軍の元気が出る名言☆

 

创业,就是要做一头站在风口上的猪,风口站对了,猪也可以飞起来。

起業、それは風の吹くところに立つ一頭の豚でなければならない。風の吹くところ(正しい所)に立てば、ブタだって飛べる。

 

 

2.京东集团(京東集団・JDドットコム)劉強東

中国ネット通販の大手「京东集团」(京東集団・JDドットコム)の劉強東CEO、48歳。先日発表された2020年本決算は4倍増益と、凄まじい勢いのある企業です。

 

☆劉強東の元気が出る名言☆

 

世界上唯一可以不劳而获的就是贫穷,唯一可以无中生有的就是梦想。世界虽然残酷,但只要你愿意走,总会有路。

世界で唯一、何もせず手に入るものは貧困。唯一、何もないものから生まれるのが夢。世界は残酷だが、君に歩く気さえあれば、いつも道はある。

 

 

3.阿里巴巴集団(アリババグループ)馬雲

 

中国のみならず世界的なカリスマとなったジャックマー氏は名言が多すぎて選べません。マー氏の演説を聞くと感動して勇気が湧いてきます。興味のある方は是非ユーチューブで聞いてみてください。

 

☆馬雲の元気が出る名言☆

 

今天很残酷,明天更残酷,后天很美好,但是绝大部分人是死在明天晚上,只有那些真正的英雄才能见到后天的太阳。

今日は残酷、明日はもっと残酷、明後日は素晴らしい。だがほとんどの人は明日の晩に死んでしまう。ただ一部の真の英雄だけが、明後日の太陽を見ることができる。

 

>続く