手作り小籠包体験会報告(14年3月8日)

3月8日(土)17時30分から20時、イーチャイナ名古屋校にて「手作り小龍包体験会」を行いました。今回は生徒の皆様と講師、そのご家族を併せて15名が集い、テーブルを囲みました。

 

集合写真準備

 

 

小籠包の材料をご紹介した後、生徒の皆さんには魏先生&高先生チーム、盧先生&汀汀先生チームの2グループにそれぞれ分かれていただきました。

 

魏先生グループ盧先生一家グループ

 

ご存知の方も多いかと思いますが、改めて「小龍包(小笼包xiǎolóngbāo)」とは、豚のひき肉を薄い小麦粉の皮で包んで蒸した点心のことです。

まずは生地をこねて、具材を混ぜるところからスタートしました。具材はほどよく粘り気が出るまで、中国語でカウントしながら、混ぜていきました。

 

まぜまぜカウントまぜまぜ対決

 

素材の味を生かした「小笼包」(左下)とピリッとした刺激がヤミツキになる「香辣小笼包」(右下)の2種類を作りました。今回は豚の皮を煮込んで冷やした煮こごり(ゼラチン質のコラーゲン)を豚のひき肉に混ぜました。これが高温の蒸気でとけることにより、肉汁があふれ出します♪

 

具材とコラーゲンぴり辛

 

はじめは先生のお手本を見ていただきながら、ゆっくり丁寧に包み方を覚えていただきました。小龍包は餃子と工程が似ていますが、形も包み方が少し異なります。

 

 

そっと包みます手つきが慣れてきました

 

 

皆さんぐんぐん上達されて、こんなにきれいに包めるようになりました。

 

作品2作品3作品4

作品5

魏先生グループ2

 

 

小籠包を蒸している間も・・・中国語をお勉強!イーチャイナの生徒さんは熱心ですばらしい!!

 

 

蒸されてます中国語学習

 

いよいよ蒸籠をオープン!蓋を開けたときは、思わず歓声が響き渡りました。中身がぎゅ~とつまった小籠包です。このアングルはたまりませんね^^

 

ほかほかできたて

 

我们开动了!(いただきます!)

 

第一号
いただきます

 

 

お好みで黒酢やショウガを添えて、美味しくいただきました。あっさりした「紫菜汤」も付いています。一口噛んだ瞬間、肉汁がじゅわ~~。できたてが一番おいしいですね。

最後はお一人おひとりに中国語と日本語を交えながら、感想を発表していただきました。「みんなと一緒に小龍包を作れて楽しかった」、「イーチャイナで作った小龍包の方がお店よりもおいしい」と大絶賛でした。谢谢大家!

 

作品1

 

次回は5月31日(土)「端午節手作り粽子会」を開催いたします。是非ご参加くださいね。