手作り餃子会報告(15年2月14日)

2月14日(土)に、第16回目イーチャイナアカデミー「手作り餃子会」を開催しました!

寒い中、生徒様やそのご家族ご友人、講師やその家族など合計で35名もの方にお集まりいただき、とても盛大な会になりました。皆様のご参加ありがとうございました。

 

照片 (1)

 

2月19日は中国の旧正月、「春節」です。お正月の定番料理の中に、手作り餃子は欠かせない一品です。その理由は餃子の発音、形、食材の三つがもつ意味と関係があります。

 

WS000000WS000001

 

  • ①餃子(jiǎozi)は中国語で「ジャオズ」と発音します。子供を授かるという意味の「交子」と同じ発音であることから大変縁起の良い食べ物として扱われてきました。中国の伝統的な家族観として、「多子多福」(子どもが多ければ、幸せも大きい)は家庭円満な象徴の一つです。
  • ②餃子は三日月のような半円形をしていて、中国古代のお金–元宝(yuánbǎo)の形に似ているということから、食べるとお金がどんどん入ってくるという意味もあります。
  • ③餃子の中身は「馅儿」(xiànr)と言います。その餡の中にたくさんの具材が入っているということは、生活が豊であるという意味があります。

 

WS000006

 

そのためイーチャイナの先生たちと生徒の皆様とで、この縁起の良い「福」と一緒に、一年の幸運を願う餃子を手作りしました!

 

WS000005

 

そしてイベントの恒例サプライズとして、今回は中国の立春の日に食べる「春餅」、裴先生の特製「酢豚」、高先生が作った「糖酢海帯」、温先生が持ってきた「香腸」、盧先生の自家製ラー油なども一緒に用意され、美味しく頬張りつつ「好吃!好吃!」と大絶賛でした。

 

WS000004

 

参加していただきました皆様のおかげで、大変楽しく賑やかなイベントとなり嬉しかったです!また、次回は5月には「手作り小龍包会」も開催いたしますので、ぜひご参加のほどお待ちしております。