第3回中国のふるさと家庭料理腕自慢大会報告(12年8月25日)

皆様のおかげで、8月25日の「中国のふるさと家庭料理腕自慢大会」が円満に終わりました。

 

 

今回講師が教えてくれた料理は「鱼香肉丝」(ピリ辛豚肉炒め)、「荔枝肉」(豚肉)、「台湾炒米粉」(台湾焼きビーフン)の3品で、もう一品の「孜然炒鸡胗」(クミン風の砂肝炒め)は講師が作ってくれました。

 

 


鱼香肉丝(yǘxiāngròusī)
豆板醤を炒めるのが美味しさのポイント!

荔枝肉(lìzhīròu)
ライチを使わないよ!!肉を縞模様に切り丸めて、揚げたらライチのように見える。

台湾炒米粉(táiwān chǎomǐfěn)
干しエビと干しシイタケのダシは成敗の鍵!

4品目「孜然炒鸡胗」(zīránchǎojīzhēn)は一番簡単でビールがすすむので、クミンを入れ臭みを消してさっぱり!

 

 

各グループで3品ずつ作って、中国語で他のグループにアピールしました。それぞれの自信作は皆さん、意気投合で「焼きビーフン」をお勧めしました。“因为是我作的”(僕が作ったから)、“清清淡淡地很爽口”(さっぱりしてて美味しい~)、“很地道的味道”(本番の味だ)など、感想が相次いで出てきました。

他の3品も大好評で、すごくビールに合うおかずなので、皆さんは“お腹がいっぱい”と言いつつ、汁を残さず黙々と食べきりました(笑)

 

 

今回の料理はなかなか中華料理屋で食べれないふるさとの料理で、皆さんはとても満喫されたようでした。“家で作ってみよう”、“また参加する”などのコメントをたくさんいただきました!

 

 

皆さんの温かいコメントをいただき、すごく感激しました。次回もっと工夫してもっと楽しくできるように努めたいと思います。第四回目の腕自慢大会をご期待ください~!またお会いしましょうね!!