駐在先で忘れてはいけない大切な事とは?

駐在員が中国に赴任する場合、「会社にいる中国人は日本語が堪能」ということも多いのではないでしょうか。

 

日本語で仕事をしていると、中国にいてもだんだん「彼らが中国人である」ということを忘れがちになっていくものです。

 

結果、仕事や日常の細かな点で「あれ?」と感じることが出てくるリスクがあるのです。

 

でもそれは私たちが、無意識のうちに彼らに日本の常識を期待したり押し付けているからかもしれません。

 

特に日本企業の場合だと、「ここは日本企業なのだから」と日本のやり方をゴリ押ししてしまいがちですが、私はそれで苦しんだり、辞めてしまう中国人スタッフを何人も見てきました。

 

たとえ日本企業であっても、日本語でコミニュケーションしていても、日本と中国には違う文化が存在します。お互いのやり方を尊重し、十分なコミニュケーションを取って気持ちよく働ける環境を作っていくこと、それが駐在先で十分に力を発揮し、良い結果を残せることに繋がっていくのではないか、と考えています。

 

ビジネスレベルになるまで日本語を学習してきた彼らの努力は並大抵ではないと思うのです。

国の言葉を勉強するということは、その国の文化を学ぶということでもあります。

 

あなたが少しずつ、でもコツコツと中国語を勉強する姿と努力は、必ず中国人社員に伝わります。

なぜなら、「あなたが中国語を通じて中国の文化を学んでいるところだ」ということを、日本語を勉強してきた彼らは一番よくわかっているからです。