中国語を学ぶ時に知っておくこと(1)

日本人が中国語を学ぶ時に大切にするべきことは、「中国語と日本語の関係性・関連性を知る」ことです。今回は日本と中国を比べながら、中国語を学ぶ時に知っておくと良いことをご紹介していきます!

① 日中漢字の共通点

 漢字は古代中国発祥の文字。古代に中国から日本、朝鮮、ベトナムなど周辺諸国にも伝わっていったとされています。特に日本語には多くの漢字が使用されています。例えば、 【中国  日本  非常 人  山  水 草 木 火】など・・・。そしてこれらは中国語で使われている漢字と同じなのです!

このような共通点を見ると、日本の方が非漢字圏の方よりも中国語学習に対してお得感がありますね。

---------------------------------
《弟子規》—入则孝-5
1. 中国語音声

********************************************************************************
2.  中国語(簡体字)
********************************************************************************
qīn ài wǒ xiào hé nán qīn zēng gwǒ xiào fāng xián
亲 爱 我 孝 何 难 亲 憎 我 孝 方 贤
qīn yǒu guò jiàn shǐ gēng yí wú sè róu wú shēng
亲 有 过 谏 使 更 怡 吾 色 柔 吾 声
********************************************************************************
3. 中国語(繁体字)
********************************************************************************
親愛我,孝何難。親憎我,孝方賢。
親有過,諫使更。怡吾色,柔吾聲。
********************************************************************************
4. 中国語解釈
********************************************************************************
当父母亲喜爱我们的时候,孝顺是很容易的事;当父母亲不喜欢我们,或者管教过于严厉的时候,我们一样孝顺,而且还能够自己反省检点,体会父母的心意,努力改过并且做得更好,这种孝顺的行为最是难能可贵。父母亲有过错的时候,应小心劝导改过向善,劝导时态度要诚恳,声音必须柔和,并且和颜悦色。

◆◆◆【亲爱我 孝何难 亲憎我 孝方贤】◆◆◆
【解释】父母喜爱我们的时候,孝顺不是困难的事情;父母不喜欢我们或管教过于严厉的时候,孝顺父母才是难能可贵;
◆◆◆ 【亲有过 谏使更 怡吾色 柔吾声】◆◆◆
【解释】父母有过错的时候,应小心劝导改过向善;劝导时要和颜悦色、态度诚恳;

********************************************************************************
5. 日本語訳
********************************************************************************
亲爱我 孝何难親が私を愛していれば、親孝行しやすい。
亲憎我 孝方贤しかし両親が私を愛してくれなくても、やはり親孝行するのが賢明である。
亲有过 谏使更親が過ちを犯したときは、説得して改めさせること。
怡吾色 柔吾声その際は表情を穏やかにし、声は柔らかく穏やかにすること。